FC2ブログ
2020年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2010.06.01 (Tue)

行ってきました 船橋~豊洲  part2

船橋の会場から30分程で豊洲のららぽーとにつきました。
船橋で手荷物チェックをされたように
豊洲でも簡単な手荷物チェックを受け会場に。

会場入りするまえに
大学1年生という可愛いお嬢さんと少しお話しました。
娘と同い年って言う事もあり、かなりなれなれしく話しかけてしまいましたが
嫌な顔せずに相手をしてくれて、とっても可愛い方でした。
一人で参加した~というその方も楽しめたかしら。
そのせつはありがとう~~

では豊洲のお話・・・・

【More・・・】

小さい会場から移って来たせいか
ここの大きさがとてつもなく感じ、しかもシートも大きく前の席までも広くて
その会場の違いにびっくり。
今度はステージがちゃんとあって
スクリーンがずいぶん大きいなぁ~と思ったら
35mm映画が上映できるスクリーンで日本一の大きさだったそうです。

このスクリーンの大きさは後々会話の中でも取り上げられていました。

慎吾…(同じく小さいところからだったから?)ここ大きいですね~~と。
で、一番大きいスクリーン云々となり
一番前の人なんて、こういう挨拶の時はいいけれど映像見るのはちょっと辛いね~という話に。
ここは一番後ろの席が特等席なんですね~と笠井アナ
どうやら椅子から仕様が違ってゴウジャスな作りだったらしいです。
慎吾も指さして違う~~と。

35mmっていう話から
映画を作るのに、いまだにフィルムにこだわって作っているという監督
デジタル全盛の今、お芝居を毎回モニターでチェックするのが当たり前になっている中
そのこだわりのお陰でモニターが現場にない。
映画はやっぱりフィルムの感じが自分は好き。時代劇だから特に…と監督。
監督はカメラ目線と自分の目線を同じにしたいあまり
いつもカメラの下がすぐ脇にポジショニングしていたそうで
遠い画の時はいいですが
近いシーンを撮る時、演じている役者さんとカメラが近いと
監督もその距離にいるわけで
ここで慎吾が自分が監督(カメラだったかな?)だとしたら~~~と身ぶりでその距離を表現
みんなは「お~~なるほど」とその近さに驚きの声をもらしました。
慎吾は気にならない?と聞かれて自分は見えないから…と{会場クスクス}
あ、そうですよね~と笠井アナ。
そして原田さんが「昔はみんなこうして監督がくいついて撮っていたものだけど今は~」と昔は良かった的発言をしていましたよ~とこぼれ話を披露したら
慎吾が「でも反町君は思わず「ちけ~よ!」と言ってましたよ~~」と笑いを取っていました。


フィルムなので編集もいまだに切ったり貼ったり手作業なそうなんです。
すかさず笠井アナが「学生の8ミリ研究会みたいじゃないですか」と突っ込み
そうです~それがいいんです~と
音も今のようなサラウンドだと狭い空間が行かせない時もある
市が用心棒と戦っている時はこの音、この時はサラウンド~とシーンによって使い分けています。と音一つにとっても凄くこだわっている感じを出していました。

DVDではこの音のこだわりが生きないので是非会場で見ないとね?と笠井アナのアシスト。

また、市とタネの思いがとても重要な映画なので
監督にもそう言われ凄く気持ちを高めて行ったのに
石原さとみちゃんがあっという間にクランクアップして去ってしまい
「え~~~~~っ!?(@_@;)」だったと慎吾。
監督あれだけあおっておいて酷いですよね~と訴える慎吾に対し
監督さらっと「まぁ・・別れる話だからね」と。
ちょっと絶句する風な慎吾。
そして良く口にする愛してる~と思いが高まっている時の自分の表情が恥ずかしいという話をしたら
ちょっとSモードの笠井アナ
それがこの巨大スクリーンに映っちゃいますよ~~と意地悪発言を。
慎吾ちょっと苦笑い

市はそうしてタネが亡くなった後もずっとタネを思っているんですが
慎吾のアイデアでいつも懐に赤い手ぬぐいを入れていたそうなんです。
で、ふとした時に懐のタネの手ぬぐいを触っている…
誰も気付かないレベルでやっている仕草
そこにちょっと市の思いを入れている感じが今回のトークで一番好きでした。

目をつぶっているので海の音が大きくて
動くきっかけがつかめず、監督に相談して
近くの役者さんに大声を出して貰い動くきっかけ作りをしてもらったとか
そういう話もしていました。

庄内と海は実際は離れているので
撮影された海岸にも庄内と同じセットを組んで撮影したそうです。
合成じゃないんですよ~~と笠井アナ。
「合成じゃ役者さんの気持ちがのらないでしょう?」と監督

とにかく心情を大事にする監督なんだなぁ…と改めて思いました。


最後に文字を入れる企画になり
ここ、豊洲が最後の文字入れの場となり
いよいよです~となった時に
なかなか文字を入れない慎吾に対し
どうしたんですか?と笠井アナ

いや、これ入れないと「座TO市ザラス」(ざ・といざらす)になるんですよ~と楽しそうな慎吾
会場爆笑
監督が直前に気付いたそうなんです。
しばらくウケた後いやいややっぱり入れて下さいよ~と笠井アナ
慎吾最後の文字をソライロのポスカで「と」と入れました。
その文字の雰囲気とバランスに一同感嘆の声
笠井アナ、ここでも絵心が素晴らしい~と褒めてくれました。
「と」と平仮名で書いた慎吾ですが
その文字の形にこだわって上の縦線が突き刺さったような形「」にしました
これは市の仕込杖をイメージしたそうです。

完成したプレートを感無量に見る慎吾
初め、この企画を六本木で聞かされた時「え~何それ?」と思ったそうです
{同調する監督}
こんな企画でも完成すると思いのほか感動する~と喜んでいました。
TOの部分はメロンだ~と言われるし…と大分言っていました。

最後の挨拶は「皆さんに見ていただいて完成するものと思っています。是非会場に2度3度と足を運んで下さい」とまじめモードに戻っていました。




挨拶をしている慎吾は本当に素敵で
貴重な体験ができたこと、とてもありがたく思っています。
ただ、この豊洲ではとても残念な光景を目にしました。
この舞台あいさつは映画が終わってからの挨拶だったのですが
映画の上映が終わった途端に沢山の人が会場にどっと入ってきた事です。
映画を見ないで挨拶だけが目的でチケットを手にした方なのでしょう
なんだかとても悲しくなりました。
あんなに一生懸命作りました。見てくださいと慎吾が言っているのに
その作品は見ないで慎吾だけに会えればそれでいいのか
すごくさびしい気持ちになりました。
慎吾が大好きならば、その人が作った作品も大切にしてほしい
そんな事を考えるのはオババだからでしょうか
聞くと、舞台挨拶の時はいつもこういう人が沢山いる…という事で
終わりだからまだいいけれど
上映前に挨拶があったりするともっとひどい。
急いで出て行ってしまう。

申し訳ないけど、私はそんな人はファンとは認めたくないです。
私が認める、認めないなんて言える立場じゃないのはわかったうえであえて。
気持ちよく締めたかったのに文句になってしまい申し訳ないです

まだ映画見てない方
どうか慎吾に頑張り見てね。
素晴らしいです。本当、応援してきて良かった~と思える作品でした。
また阪本監督とお仕事してほしいな~



関連記事
13:43  |  慎吾  |  コメント(11)  |  編集  |  Top↑

*Comment

■管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2010.06.01(火) 19:28 |   |  【コメント編集】

■ありがとうございました。


もしかして…
あの時の…(>_<)!?

こんにちは♪♪
豊洲の舞台挨拶前に
お話しさせていただいた
大学1年のねねと言います!
ブログのお名前をお聞きしたので
お邪魔させていただきました(*^^*)

その節はありがとうございました。
一人で参加で
とても心細かったのですが
お話しできて
ほんとーに嬉しかったです(;_;)

私の方こそいろいろ
聞いてしまって…(^o^;)

慎吾かっこよかったですね☆


またどこかで
お会いできたら嬉しいです♪
ご一緒だった方にも
よろしくお伝えください(^o^)/
ねね |  2010.06.01(火) 21:03 |  URL |  【コメント編集】

■管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2010.06.01(火) 21:53 |   |  【コメント編集】

■Re: 同感です!!

匿名希望のAさんへ♪
コメントありがとうございます。
Aさんもあの場にいらしてたんですか~
後から会場に入った方たちへの気持ち
やはりAさんそう感じられたのですね。
彼女たちの気持ちもわからなくはないです。
慎吾が好きな気持ちがそうさせているのも。
でも、やっぱりちゃんと慎吾の言葉と気持ちも受け止めて欲しいと思いました。
会場に来られなくて涙を飲んだ人が沢山、本当に沢山いらっしゃることを思うと
なおさら残念ですよね。

レポ、大丈夫でしたか~?良かった(*^_^*)
この二日間で3回「市」を見た私ですが
懐にふと手を入れる市の姿確認にいきたいな~と思っています。
一日1回市に会いたいな~なんて思っちゃってます~




すずめ |  2010.06.02(水) 00:31 |  URL |  【コメント編集】

■Re: ありがとうございました。

ねねさんへ♪

うわ~~来て下さってありがとうございます!
こちらこそ、その節は失礼いたしました。
ほんのひと時とはいえ、楽しい時間を本当にありがとう
慎吾、素敵でしたね~~v-238
これからも応援していきましょうね
また機会があったら是非ぜひ
お差支えなければ ねねさんのところも教えて下さいませ~
(あ、差支えなければ~でいいですよ~)
気が向いたらいつでも遊びに来て下さいね♪

すずめ |  2010.06.02(水) 00:36 |  URL |  【コメント編集】

■Re: タイトルなし

匿名希望のMちゃんへ♪

そうなのね~そこが一番狭い会場だったの?
では近かったでしょ~?ウフフフ
とくダネはもう取り上げてくれない気がするよね
見てね~~は自分の出てる番組宣伝だったか…と
単純すぎる私に苦笑よ。
特典映像にはきっと入るよね。それは言ってたもんね~。

すずめ |  2010.06.02(水) 00:39 |  URL |  【コメント編集】

■管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2010.06.02(水) 08:56 |   |  【コメント編集】

■Re: タイトルなし

非公開のMちゃんへ♪

そうだったのね~
それでも狭い会場だったらかなり近くに見えたんじゃない??
私は今回ちょっとありえない席だったの。
運を使い果たした気がする。
DVD待ち遠しいね~~~

すずめ |  2010.06.02(水) 19:10 |  URL |  【コメント編集】

■こんにちは!


URL貼ったので良かったら
遊びに来てくださいっ♪
ねね |  2010.06.03(木) 09:29 |  URL |  【コメント編集】

ねねさんへ♪

お返事が遅くなってごめんなさい~~(劇汗)
URLありがとうございます。
遊びにいかせていただきますね。
すずめ |  2010.06.08(火) 13:18 |  URL |  【コメント編集】

拍手コメントへのお返事です

Hさんへ♪
お返事が遅くなってしまってごめんなさい
Hさんもあの場にいらっしゃったのですね
本当にあのどどっと入場してきた人数の多さにあっけに取られてしまって
確かに多くの方は良席みたいでしたねぇ
その場にいたくても適わない人が沢山いる中で
とてもやるせない気持ちになりました。
賛同していただけて嬉しいです。



Yさんへ♪
コメントありがとうございます。
お返事が遅くてごめんなさい
気持ちをわかっていただけて嬉しいです
こんな残念な思いはもうしたくないですねぇ
素晴らしい作品だっただけに余計感じました。
座頭市、本当に何度見ても新しい発見があって、慎吾の代表作になりそうですよね~(*^_^*)

すずめ |  2010.06.10(木) 00:38 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |