FC2ブログ
2015年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2015.10.15 (Thu)

10年愛

正確には11年ですが・・・

昨夜のおじゃMAP!!
組!ファン涙ものでしたねぇ・・・
まさか使った会場が毎年行われている忘年会の場所だなんてっ
そこでの座る位置など総司が床にとか中々どうしてわかってらっしゃる。
朝の連ドラで土方副長が「待たせたな!なんて言ってたし

スタッフにお願いして慎吾自ら出した企画。
ちょっとグダグダな進行は大昔のシークレットパーティみたいだったけど
二人の関係性もかなり見え隠れし
来店したゲストに対する慎吾の表情はかなり「素」に見えたし
耕史君が周りの人との距離を縮めてくれた話しを2回も語るあたり(負担テレビでは同じ事2回喋ると突っ込まれるよね?)
どれだけ大切な人になっているのか、そんなん見せて貰っていいんでしょうか?な内容に
いろんな思いが過ったのは私だけではない筈

たんにお楽しみ番組としておじゃMAP!!を見ている旦那は
ちょっと詰まらなかったみたいだけどね。
ずーっと見守ってきたファンは感慨深いよね。
耕史君がストーカー呼ばわりされた事に対して
慎吾が一番憤っていたと三谷さんは言っていたけれど
そこの所、彼はどんな思いで受け止めてたのかを公にしたかったのかなぁ・・・なんて
ババは勝手に思うのでした。
ストーカーって言っていいのは「俺だけ」って
その言葉がきっと全てだったのではないかしら

スタッフが心配して呼んだんだろうけど
あそこに おじゃMAPファミリーはいらなかったかなぁ
瀬古さんとか・・・逆に気の毒になったわ。
声の出演もなかったけど、堺さんや優香ちゃんも電話かけたのかなぁ
きっと番宣出来る方だけ放送されたんだろうな。
あれだと番宣するから出てるみたいに誤解する人いるんじゃないかなぁ・・・
ま、余計な心配だけど。

そうそう13日はギャラクシー街道のギネスに挑戦イベントあったんですよね
流石にそうそう運が続く訳もなくワイドショーでハンバーガー食べてる様子みました。
記録が「244組」だって!?
そこ、わざとですかぁ~~~?\(^o^)/ツヨシツヨシ

ギャラクシー繋がりでついでにですが
白熱講義の後、立川のギャラクシー街道コラボカフェに行ったの。
ハンバーガー食べ応えありました。
ドリンクは紅茶味とブルーハワイ味?どちらも美味しかったです。

IMG_1994.jpg

IMG_1991.jpg

IMG_1992.jpg

IMG_1993.jpg

ボリューム満点だったのでスマ友ちゃんとシェアして食べました。
立川の駅前にはこんなポスターもデカデカっと

IMG_1980.jpg

衣装も展示されてます。
撮影禁止なのですが、ロープが貼ってあるだけなのでじっくり堪能できます。

明日は初日舞台挨拶の抽選結果がわかりますね~
当たりたいなぁ~~~・・・
スポンサーサイト



14:38  |  慎吾  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2015.10.11 (Sun)

白熱な一日 その4

質問の内容多少違うかも・・質問した方違ったらごめんなさい

質問① SDなどのロゴの字体、デザインはどういう風に決めたのか?
自分でデザイン事務所を探して尋ねたりしながら決めていった。
(Sの字をなぞりながら)こういうカーブの処、これが一ミリでもずれると全然違う感じになってしまう

質問② 本を作ろうと思ったきっかけは?
自分は本は一切読まない。だからいいんじゃないかと思ってる
でも洋書は好き。
自分はどうやら「形」が好きみたい。ドアの形とか色々な形もそう・・
洋書が好きでよく通っていた洋書屋さんがあったんだけど閉店してしまった。
どうしても閉店するんですかって聞いたら、今はネットで注文とかあって厳しい。
海外から取り寄せるのもとても大変で続けるのが難しくなったという事でした。
閉店する前にいってバ~~ッと買い占めました(両手を広げてバ~~っと表現する慎吾)
その本屋さんに至福本と事典にサインして差し上げたそうです。
本を作るのは絵を描く感覚に近いものがあるので形になっていくのが楽しい

質問③ p.40 -11°の場所で作った歌を歌って欲しい
慎吾、一瞬意味がわからず??な顔。
ちょっとまって、整理しようか~~~何だって?歌を?俺が?
ぜっんぜん思い出せない~~~(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?
質問者の男性が改めて「人類資金で阪本監督が作詞して慎吾さんが作曲した歌で~」
まだ思い出せない慎吾に男性が持っていた歌詞カードが届く。
それを見ながら少しずつ思い出す慎吾
歌を口ずさみ始めました。
そして「-11°はロシアだけどこれは作ったのはNYだね!思い出した思い出した!」
そうして最後まで歌ってくれました~~~.゚+.(・∀・)゚+.綺麗な歌声だった~~♪
歌い終わってから
「これ、最後のありさとのシーンで歌ってなかったっけ?」と慎吾。
確かにおまけ映像にあったよ~~子供たちと遊んでるやつ~
男性グッジョブだわ!

そうこうしてそろそろ時間かな?と机の時計をみると13:59
俺って凄くない~~?何気なくそろそろ?って見たら59分って!!
かなり鼻高々な慎吾がまたまた可愛い~~のでした。

そしてプレゼントコーナー。
前に書いた自前のSD慎語事典3冊を抽選で3名に名前つきサインのプレゼント
BOXから座席が書いてあるカードを引いていく慎吾に
一人目はA-3の方。 恐れおののき慎吾に近寄れない
その様子にわざとズンズン近寄るS慎吾。
二人目はB-5の方。前方ばかり上がるので会場から不満の「エ~~」が。
それに対して「エ~ってw自分がBならエ~って言わないでしょう?w」とチャカス
まさか三人目はCじゃないよねぇ~~って引いたらなんとC-2
同じブロックばかり当たりまたまた会場が「エ~~(`o´)」となり
慎吾も箱の中をチェックするも「自分がCならエ~って言わない癖にwちゃんとHとかもあるよ~?」

「それにしてもこのブロック(ABCの前方かたまりを手をグルグルまわして指し)凄くない?何なの?このブロック!」って笑いを誘い場の空気を和ませました。流石っす。

でもあんまり固まったので急きょ4人目を選出する事に
合間合間でハンカチで汗をぬぐう慎吾。
そのハンカチを広げてみせてくれ、ギャラクシー街道のハンカチ♪非売品なんだよ」と
4人目はそれがいい~~~と密かに思っていたけど残念ながらそれではなく
会場に掲示されてるポスターにサインをするって事に。

スタッフが慎吾の側に行き「後で用意します」と告げると頷く慎吾。
この瞬間だけファンに向けての顔じゃなくて仕事人間慎吾の顔が出て激萌えしました。
キリッと厳しい表情が堪りませんでしたぁぁああ。゚(゚´Д`゚)゚。

選ばれた4人目はG列の方でした。なんとなくホッとする会場(笑)
ポスターと言っていたけど、パネルだったので直ぐに渡せない・・・
その代わりに慎吾は何と彼女にズンズン迫り、後ずさりする彼女めがけて壁ドン!
会場全体「ヒャ~~~~(。Д゚; 三 ;゚Д゚)」となった瞬間

「壁ドンならぬ慎語事典ドーン!!」

だ、ダジャレですか?(ノ)’∀`(ヾ)
参りました・・・敵いませんわ貴方には・・・( ´,_ゝ`)プッ

そうしていよいよお別れの時間が・・・

そろそろお終いですが・・・今日この選ばれし人々にプレゼントがあります。(ざわつく会場)
時間が・・・キャー☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
まだ何も言ってないのにキャーって
この講義を受けてもらった証として受講しょうりゃー・・じゅきょーそーりゅー・・・(会場クスクス・・頑張れ~の声)
受講終了証をお渡しします。皆さんに一人一人手渡しで・・

キャー(((o(*゚▽゚*)o)))キャー

時間がないってずっと言っていたから、うっすら期待はしていたものの不安もあったので沸きました~~。
ちょっと準備するから一度下がりますね~とバイバイしながら引っ込む慎吾。
会場大興奮の中、スタッフさんはパネルを懸命に外してました。
会場案内でスムーズに握手を行うため右手で統一する事と、お手紙などを渡さないようになどの注意が流れました。
ポスターの彼女はパネルを渡される都合上一番でのお渡し。
あまりの大きさに慎吾も心配してどこから
来たの?って。
茨城からの方で少し遠いけど、まぁまぁな距離と慎吾も「まぁ・・まぁ良かったね?」って。
あれ、持って帰るの大変だろうなぁ~でも宝物だよね!

私はB列だったのであっという間に順番がきて
死ぬまでに一度は握手したい~~~と願って願っていた夢が叶いました。
慎吾の手はとても柔らかく、温かく、旦那にも近づかないぜって距離に顔があり~~
思わず「ずっとずっと好きです!」と年甲斐もなく告ってしまいました~あ~恥ずかしい。
みんなに言ってるんだけど優しく「ありがとう」と微笑んでもらい昇天ですわ。

瞳の色がカラコン入れてるのかと思うくらい綺麗で
そこばかりが印象に残った握手でした

もう二度とこんな幸せには恵まれないだろうな~と思った一日。
一生手~洗わない!って思ったのに
帰宅して夕飯の支度する前にさっくり洗ってしまった自分がいた~○| ̄|_
ま、そんな奴です。ホホホホホ

長々と読んで下さった方ありがとうございます。
最初に書いたけど、間違い多々あると思いますが多めにみてね~
16:58  |  慎吾  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑

2015.10.11 (Sun)

白熱な一日 その3

相変わらずトーク順序はグチャグチャですが・・・

この事典を出すのはブログを始めた当初から頭にあった
でも初めから口にしてしまうと大人たちがワサワサしてしまうので
頭の中でいろいろ考え始めたのは去年の12月辺りから
実際に打ち合わせ始まったのは5月のburst!の舞台の頃から。
楽屋にスタッフさんに来て貰って進めていった。

ブログが始まったのが4月1日だったから本当は4月1日に出版したかった
でもそれには500くらいないと・・・って事で
どうにもそれが難しい・・間に合いそうもない。
自分は折れる時には折れます。
なのでNo.500を4月1日にしようと。
初めのページはこの本の説明にしたかった

事典なので「あ」から始まる何か~と思った時に
過去のをみたら「あ~絵を描きたい」だったのね?
これを超えるものが欲しかったので「あ~」にした
「あ~」と表題を決めてそこからどうするか?
[あ~お]の辺りは「あ~」を成立させるために書いたので気持ちはありません!(会場笑い)
この時点でまだ出版の発表はしていないんだけど、1P目になるようにNo500は考えました。

p.160 一番好きなブログ。
中国語っぽく漢字を並べたんだけど、本にする時に変換が変だと思って間違ってない?って出版社の人に聞いたら自分が初めから間違えて書いたものだった。
p.109 一番好きな写真。
このピンボケ具合がたまらなく好き。
今のカメラってなかなかピンボケにならないので、珍しくボケたのが良い感じになった。

縦読みなど沢山つくってるけれど、自分でも探しきれなかった。
p.69 お天子が多分最初の縦読みだと思われます。
これの意味解る人~~~って質問して指された方はなんとお友達でした。ブラボーヾ(・∀・)ノ
あんまり手を挙げる人いなくてね、そんな様子も嬉しそうな慎吾でした。

p.141 SHINGO
縦読みではなく暗号のパターン。
これもわかる人~~~で、会場から回答。
NYに着いてすぐに撮った写真。マジソンスクエアガーデン前のホテルの一室。
人類資金の映画とか何も発表される前だけど、NYに来たのが嬉しくて暗号化。
こういうのチョクチョクやっています。

こうして縦読みをちょくちょく作っているんだけど
iPhoneを機種変更した時にそれが上手くいかなくなって
一行あたりの文字数に違いが出たせいで上手く縦が揃わなくなってしまった。
そのわかりやすい例がこれ
p.143 終幕の日
SD慎語事典が終わるって内容になっているけれど
縦読みしたら「エイプリルフール」って読めるように書いたのに
変換が上手くいかなくて、ただの終幕になってしまった。

ここでガラケーの人はもうそういうレベルでもないので縦読み出来なくても仕方ないってバッサリw

文字数のくだり、上手く説明できない慎吾はホワイトボードに一生懸命図をかいて説明
文字数の改善策として、最終的には目一杯言葉を打たないで短めにする。というごく普通の対策でした~(=゚ω゚)ノ


本の編集について:
作成途中の資料を持ってきて見せてくれました。
荒刷りのコピー用紙の束(黒いクリップで留めてある)
写真と字づらが見開きで印刷されたもの。
この段階で写真の大きさ、文字の配列、誤植などをチェックする
写真を一つ大きさ変えようと思うと、ページに字が収まりきらなくなったりして
その送り分で全頁が変わってくる・・・考え直す・・・などの作業を延々。
一枚一枚全部やりました!
で、紙質が良くなった奴はこれ。←完成品の紙の束。
で、折り曲げてみて綴じたらこんな感じの奴
表紙の分~

次々と途中段階の資料をみせてくれるの。感動物でした。

帯の色は初め赤だったそうです。
事典のインデックスって赤のイメージがあって赤・・と決めていて
そうすると帯も赤??となり
じゃあ色は?何色に?と考え、スマップのメンバーカラーが言いと。
緑もいろいろあるので5色位みて今のこの緑がパッと目に入るだろうと。
次に出す時の色は下からで黄色?
(その繋がりで)中居君の色はピンクなの?青なの?
形にこだわる自分としてはハッキリして欲しい!
会場は「青~~」って声があがっていました。

で、事典なので箱を付けようかと始め考えたそうです。
でもカバーをつけてしまうと本屋さんに並んでいた時パッと開いてみる事ができない。
僕に興味がない人でもちょっと開いて買ってくれるかもしれない・・・と思い止めました。

自分は基本カバーとか帯とか好きじゃない。
買ってもすぐに取ってしまうので本当は付けたくなかった。
でも、日本は本が汚れるとかそういうのダメみたいで付けないと売れないんだそうです。
陳列してる本のカバーが汚れたら出版社に注文がきて取りかえるそうです。
なのでカバーがついています←この件、結構しつこく語ってた。付けたくなかったんだろうね~w

自分も本やでチェックする時一番上のを見て、買うのはその下の取ったりするし・・・
でもみんなと違うのは自分の表紙の本は最前に並べ替えるって。
スマップさんのも前に出すって。可愛い~

洋書が好きで沢山持ってるけど、洋書はそういうのないところをみると、あっちはそういうの大丈夫なんだろうね~って。

帯のコメントは小学館の人が考えてくれました。
そういうのは案外おまかせする事が出来る人です。でも気に入っています
でも内側の【カバー】【帯】の言葉は自分で書きました。

今日のこの「白熱講義」っていうのもいつの間にか決まってたそうです。
これも気に入っています←スタッフさんへの気遣いだよね~

次は質問コーナーです
16:00  |  慎吾  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2015.10.11 (Sun)

白熱な一日 その2

登場した慎吾は大歓声に満足げな笑みを浮かべ
ゆっくりとセンターの机の方に歩き、最前列の女の子に
「ありがとう!さっそく号泣ありがとう」と声をかけます。
そりゃ、目の前に慎吾がバーンと登場したら泣くよね~

講義という事なので号令をかけて貰おう・・という事で
A列の15~6当たりの子に号令をかけるよう指示する慎吾
講師ってキャラ作ってるので少し偉そうにふんぞり返ってるの。可笑しい~
「起立!礼!着席!と大きな声でお願いします」
女の子精いっぱい努めました。
一同何の指示もないのに礼の時「オネガイシマ~ス」って(笑)

着席してから会場を見まわす慎吾
おもむろに掛けてるメガネの話しをしだす
「掛けてるメガネは(事典を持ち)この帯の写真のメガネです。言ったから外します!」
さくっとメガネを外す。慎吾のツンっとした顔に溜息とちょっと笑い
そして右ポケットからサングラスを出しサッと掛け
「これは(事典を持ち)裏のこの写真のこのサングラス」
早口で言った後、雑に外す。ちょっと服バカでゴロデラに出た時の雰囲気。

「え~~・・・え~~~・・・ノープランです!」と流れに乗るまでちょっと言葉が出にくい慎吾。
それも可愛いの。慎吾独特のモニョ喋り。

でもこの白熱講義の後にバラエティの収録があるから時間がない~って。
それはまだここで書けないのでお楽しみにしていて下さい。
出てくれたら結構嬉しい番組です。ちょっと心配でもあります←失礼
本当は3時間くらい喋っていたいんだけど、いられるんだけど
そういう事情なので早口で喋ります!って慎吾。

意識して喋ってるのもあるけれど
好きな服の事や気持ちの入ったページの説明などは勝手に早口になってるのがね~
ゴロデラに出てた慎吾そのままでね
かなり素が漏れてしまっている慎吾を見るのは堪らん楽しさでした

で、唐突に着ている服の説明を。
「中の服、これね、これは衣装なの。で、外のこれは至福本のP.69に載せてる白いコート
ヴィンテージの感じがよくて・・・
だからこれ良く見ると結構汚れてるでしょう?・・・・ヴィンテージといえば草彅剛!」
何の脈略もなくいきなりつよぽんの名前を出す慎吾に笑えた~

コートの裾の方を指すと左ポケットに確かに黒っぽいシミが点々としてるのよ。
襟元も黄ばんでるの。
登場した時、中の服はパリッとしてるのにどうして白衣は黄ばんでヨレヨレの何だろうって思ったのよね。
慎吾の説明で納得しました。 

ここで慎吾の様子をザッと説明しますね
髪は金髪でキレイにセットされ、顔も浮腫んでなくてスッキリしてて
超絶ビジュの慎吾でした。
(スマステの慎吾はちょっとお疲れ顔で髪がボサついてたもんね~)

頭にはヘッドマイクを付けてました。
なので手にマイクを持っていないので身振り手振り、事典を片手に説明したり
両手を自由に動かしてました。

衣装というその服はエンジの水玉のネクタイに白ワイシャツ。グレーのチェックのベストとズポン
エンジのピカピカな革靴という出で立ち。髪色によく合ってた。
白衣っぽい白コートがスタイルの良さを際立たせてました。マジかっこいい

トークが温まらない慎吾は
「ホワイトボードがあるんだから使わなきゃ!」っておもむろに「白熱」って書きだした。
大きく殴り書きして「熱」の下の点々が、、、、、、と9個続いた(笑)
そして白熱の意味を調べたんだそうで
「白熱とは:雰囲気や感情が熱を帯びてとんでもなく盛り上がっている事」
という事でこの講義も盛り上がって行きましょう~って。

会場は大分温まってきたんだけど、まだまだトークの流れがつかめない慎吾。
iPhoneを出してきて「これ僕のっ」って
それはiPhone6 plusのシルバーでした。
これに今日話す事書いてきたんだよね・・・って机の上に置いてちょこちょこ操作
画面見ながらウンウンと小さくうなづいて話に戻りました。

サングラスの話しもしてたんだっけ。
初めに見せてくれた帯表のサングラスはターロウでNYに行った時
地下鉄を乗り継いで漸く探して買ったもの。
そんなに苦労して買ったのに、日本に帰ってきたら青山に普通に売ってた。
オチを言え、満足げな慎吾。
もう一つのサングラスはチラッと裏のロゴチェックして「これはディオール」って雑な説明で笑った

そして漸く本の中の話になるのでした~

その前だったかな??
事典をみんなどの位買ったのか?って話になって
なかなか意見が出ない中、男の人が口火を切ったの。
で、誰かの11冊で「その1冊って何・・?」って慎吾が食いついてたんだけど
もっと買ってる人~~って話になり最高はどうやら33冊の方。
凄いね~~(@_@;)タイシタモンダ

普段Webを見てなくて、本だけ買った人~って慎吾が聞くと
恐る恐る手を挙げる人が数人
「悪い事じゃないんだからそんなに恐る恐るじゃなくて大丈夫だよ~」って優しくフォローする慎吾
慎吾にしてみれば、読んでなかったのに買ってくれたんだから嬉しいんじゃないかな~

で、自分は200冊買ったって。
ちょっと自慢げに言ったのね?
会場が一瞬「ほんとう~~?」って空気になったのよ
それを感じて
「ネタだと思うでしょう?本当に買ってるの。で、スタッフさんやお世話になった方がたに配って、ついこの間配り終わったの。でも家にまだ80冊くらいある。至福本の時もそうして今50冊くらいある」

会場から「欲しい・・・」と呟きが漏れたら
ちょっと苦笑して「欲しい?買って下さい!」って

ですから、慎吾さんから買わせて下さい~~~~~イクラデモカイマシテヨ

講義の終りにその本から3冊プレゼントって事になるんだけど
80冊もあるのならもっとおくれよ~~ってね?(-∀-)ヘラヘラ←不届き者

さて、いよいよ本についての講義です。
14:17  |  慎吾  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2015.10.10 (Sat)

白熱な一日 その1

放ったらかしにしていたこのブログにこんな浮かれた日記を書く日が来ようとは・・・
タイトルの通り、慎吾さんの白熱講義に参加してきたのであります。
慎吾が「参加できない人のために沢山拡散してね」と言ってくれたのでこれはレポ大丈夫なのだ~とちょっと安心なかんじ
自分の備忘録兼ねてレポしたいと思います。
既にたくさんの方がレポを上げてくれているので記憶が欠けた部分をかなり補完させて貰いました
それでも主観、思い込み多々ありますので『あれ?違くない?』という処は寛大な心で流して下さいね~(^∇^)ノ
今回、ご期待の(?)珍道中はございません私も大人になったんざます~オホホホ
ていうか、しっかり者の同行者がいただけだったりする あ、また前置きが長くなってしまった。

レポ始めます。
10月1日 小学館から封筒が届き、自分が当選したとわかる通知は茶封筒に案内状とプラスチックのカード。名前がしっかり印字されてるもの。
IMG_1945.jpg
入場の際は本人確認する可能性ありと明記されていましたが、実際はされませんでした。
オクに出て無かったからでしょうか。
そんな奴地獄の果てに落ちてしまえ~といつも怨念飛ばしてますが(笑)
会場は二重橋前駅直結のMY PLAZAホール招待人数通りな感じの綺麗なホールでした。
エスカレーターで階に上ると目の前に事典と同じロゴで書かれた案内板が

IMG_1953.jpg
IMG_1954.jpg
IMG_1958.jpg

慎吾が入るまでは写真OKという事で写真撮りまくり~
会場に入ると会議室みたいなホールでA~Fまではテーブル付きのパイプ椅子 G~Nまでは段になっている前面にテーブルのある座席でした
壇上には大きなスクリーン。講師用の机、椅子上手側に大きな慎吾事典の形をしたセット(箱)が置かれていて下手側にはホワイトボードが設置されています。
7~8、15~16の間が通路でした。
両壁には慎吾の写真が載ったパネルがずらっと並んでいました。

IMG_1960.jpg
IMG_1962.jpg
IMG_1974.jpg

スマ友さんとせっかくなので事典を模したセットの前でパチリ
席は幸運な事に前から2番目のB列。
それだけで身体中の汁が出る感じ・・・そわそわと隣の方と話しをしたりして待つ事数分
13:00を回った時会場が暗くなり声にならない悲鳴が・・・
スクリーンでSD慎吾事典のTVCMが2種類流れました。
これ、あまり遭遇出来なかったので、じっくり見られて良かった。
講義開始のチャイムが鳴りドキドキマックスになったところに壇上にあった事典の箱がセンターに向けてノロノロノソノソ動き出したの。
ちょっとオマヌケな動きに『中に慎吾が!???」と思いながらも笑ってしまった
なんかね~中で慎吾が押してんのかな?って想像しちゃったのよね
1m程動いた処で箱の前が開いて慎吾登場~~
華々しく両手を広げ、ツン!と上を向いてスターのポーズを取った慎吾間違いないよねぇ~~~

「キャ~~~~~♪───O(≧∇≦)O────♪!」

もう大歓声さっ さあ、いよいよ始まりです。 長くなったので次にします。
23:05  |  慎吾  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |